信頼してもいい探偵なのかは、お話を進めるときの印象などで落ち着いて決めてください。

パートナーの浮気リサーチを探偵に依頼する際には、通常、調査をする人の数と調査にかける日数を事前に話し合います。

1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、調査にかかる時間が長いほど請求される調査費用も多額になります。

調べる人の事務所により、主に使う道具や調査する人のキャパシティには差異があるので、口コミなども調べていったらいいと思います。

配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、びっくりするするほどに低料金だったり、逆に高い料金設定であったりするところではなく、明瞭で詳しい料金設定がなされており、それ以上、料金がかからないような探偵事務所が望まれます。

そして、探偵社として必要な許可を取得しているのか事前調査が必要です。

違法に調査を実施している業者へは依頼しないように気を付けましょう。

妻又は夫が浮気していることが明らかになっても離婚を避けたいのなら昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはやらないほうが無難です。

浮気していることを指摘された結果、妻または夫の頭に血が上って、居直ってしまって、夫婦関係が修復不可能になることがあるでしょう。

加えて、浮気相手と話をしたことによって、ひどくイライラさせられてしまいます。

だいたい浮気調査の調査期間は何日ぐらいなのかというと、平均で3~4日かかるといわれています。

確認しておきますが、これはあくまでも平均の期間です。調査の対象者がとても用心深かったりすると、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあることも覚悟してください。

一方で、浮気するだろうという日があらかじめ分かっているなら、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。

レシート、クレジットカードを調べると浮気のことがわかるものをつかむ事もできるかもしれません。

まず、いつもなら好んで行くことがないようなコンビニの領収書をほぼ毎回見ることが多くなったら、普段からその近くに何回も行っている事になります。

その場所で監視していると、浮気の現場を現行犯で見つけられるかもしれません。

探偵が尾行する際の料金はと言うと、調査する人の数にもよりますが、だいたい1時間あたり1万~3万円ほどです。

言うまでもありませんが、調査員が1人なら安く、多ければ多いほど高くなります。

そして尾行の際、車やバイクで移動すると、別途交通費、車両費として請求されることがありますので、確認したほうが良いでしょう。